宇都宮市Open Data Potal

宇都宮市洪水浸水想定3D可視化

【サービスの名称】

宇都宮市洪水浸水想定3D可視化

【作成者】

篠原 崇之 様

【活用されている宇都宮市オープンデータ】

指定緊急避難場所一覧(推奨データセット準拠)

【サービスの概要】

3D都市モデル(Project PLATEAU)宇都宮市(2020年度)の建物モデルを基盤に、宇都宮市のオープンデータ「指定緊急避難場所一覧(推奨データセット準拠)」と鬼怒川・田川・姿川の浸水想定区域を3次元で可視化することで、洪水時に想定される浸水範囲と近隣の避難所の位置を高い再現性で一体的に示すなど、防災を目的として作成されたWebアプリケーションです。

本市のオープンデータと併せて,下記のデータが活用されています。

各データが公開されているWebページはこちら(外部リンク)で開きます。

ページ上部へ戻る